Pages

理学療法士と作業療法士の違い

リハビリテーションの専門家、理学療法士と作業療法士は、名前が違うだけでなく、仕事内容についても若干異なります。 理学療法士の仕事は一言で表すとリハビリですが、具体的に身体の運動機能を回復させることがメインの仕事になります。 物理的な治療方法を用いて、歩く、座る、立ち上がるといった基本的な運動機能を回復させるのがもう少し具体的にした理学療法士の仕事内容です。 取り入れられる治療法については主治医や患者さんと相談をしてリハビリの計画を立て、実際に治療を行っていくのが理学療法士の役割となります。 理学療法士は運動機能に特化していると思っておいて良いでしょう。

その理由は作業療法士の役割と関係があります。 作業療法士の仕事内容は、日常生活を送るために必要となる能力や技能を訓練することになります。 大きな意味では理学療法と同じくリハビリの仕事となりますが、作業療法士は基本的な運動機能だけでなく、 食事や排せつ、入浴などの日常生活に必要な動作ができるように面倒を見てあげることも役割となり、 また精神面におけるリハビリを行うことも作業療法士の役割になります。

普通に生活が送れるようになるために、患者さんを包括的にサポートしていく、これが作業療法士の役割です。 仕事内容を見てみると、その差は明らかです。 理学療法士は運動機能に特化しているのに対して、作業療法士は広く薄くサポートする仕事と考えておいた方が良いでしょう。 どちらもリハビリには変わりありませんが、専門分野が若干異なるということですね。


●外部リンク●
こちらの専門学校では、作業療法士や理学療法士になるための授業を実際に体験できるイベントを開催しています。それぞれの主な就職先などの情報も見ることができます。⇒理学療法士 体験イベント

難易度と就職への影響

詳しくみる…

どちらを選べば良い?

詳しくみる…