Pages

どちらを選べば良い?

最後に、理学療法士と作業療法士、はたしてどちらを選ぶべきか、という問題になるわけですが、 残念ながらどちらの方が良いとは一概に言い切ることはできません。 将来性を考えて作業療法士の資格を取得しておくのも良いですし、理学療法で専門的なリハビリ治療をすると考えるのも良いです。 どちらの方が良いという話ではなく、ご自身がやりたい仕事により近い方を選んでいくべきです。

理学療法士も作業療法士も、どちらもリハビリという現場に立つことには変わりなく、運動機能に特化した治療をしたい人は理学療法士を、 患者さんをサポートしたいという人は作業療法士を選んでみてはいかがでしょうか。 参考までに人事院にて公表された統計データを紹介しますと、理学療法士の平均年収は358万円、作業療法士の平均年収は341万円となっており、 若干ながら理学療法士の年収の方が高いことが分かります。

もちろんこの値は平均値ですので、勤めることになる就職先によっては、これよりも高い給料で働いている方もいらっしゃいますので、 あくまで参考程度にしておいてください。 自分にとってベストな選択はどちらなのか、運動機能専門のリハビリをしたいのか、 患者さんを包括的にサポートするようなリハビリをしたいのかといった観点からも選択をしていくようにしましょう。

難易度と就職への影響

詳しくみる…

どちらを選べば良い?

詳しくみる…